公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

(事務局・鈴木、西村)

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

ボーン・上田賞

ボーン・上田記念国際記者賞の沿革

ボーン・上田記念国際記者賞は、国際報道を通じて国際理解の促進に顕著な貢献のあった記者個人を表彰する年次賞。

同賞は日米協力による自主的な世界ニュース通信網の確立に献身したマイルズ・W・ボーン元UP通信社副社長と上田碩三元電通社長が1949年1月、東京湾の浦安沖で突風により遭難したのを惜しんで、両氏の功績を熟知する知友たちが発起人となり、米国のピュリツァー賞にならって日米マスコミ界有志が基金を出し合い、1950年に「ボーン国際記者賞」として創設された(1978年、現在の「ボーン・上田記念国際記者賞」に改称)。

ボーン・上田賞の運営は当初、日本新聞協会が当たっていたが、資金難から1960年に「ボーン・上田記念国際記者賞委員会」として独立、UPI通信社、電通が維持費を負担した。
また、1985年には在京8社(朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、産業経済新聞社、東京新聞社、共同通信社、時事通信社)と電通が資金を寄附、活性化を図った。
さらに、2013年からは「ボーン・上田記念国際記者賞委員会」が授賞候補者の選考を行い、公益財団法人新聞通信調査会が管理運営業務を行うように組織替えした。

ページトップへ