公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

News Archive|過去のニュース

記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

■新聞通信調査会報総目次(平成8年)

一 月(第三九八号)

エリツィン後に動くロシア 岡田 充
オウム報道に見るメディア 中郡英男
同盟叢書第一号「原子爆弾」西山武典
九六年の産業界展望 稲田好美
電通、同盟時代の京城 坂田東助
【メディア談話室】
情報公開法に報道界は関心を
【プレスウオッチング】
受手の信頼回復を
【放送時評】
多チャンネル時代到来
【海外情報】
(1)企業の論理を最優先
(2)ロシア、地方紙再編に着手
(3)欧で公共TVシェア低下進む
(4)返還後の自由の中味が問題

七 月(第四〇四号)

オーロラを見る・知る・驚く 深瀬和巳
著作権状況変えるデジタル 赤尾光史
存在感薄れた春闘の行方 師岡武男
西郷従吾さん 小野寺百合子
【メディア談話室】
鎌倉市記者クラブ改革の教訓
【プレスウオッチング】
もっと未来占う記事を
【放送時評】
再登板の志甫会長に期待
【海外情報】
(1)底が浅い大統領選報道番組
(2)英語が欧州標準言語に
(3)香港で親中国系記者組合発足

二 月(第三九九号)

橋本新政権と今後の政局 増山栄太郎
在京六紙の正月紙面概観 武市英男
総決算期迎えた日米関係 佐藤信行
共同の電子編集システム完成西俣総平
財政難に苦しんだ新聞聯合 西山武典
【メディア談話室】
電子新聞の可能性と問題点
【放送時評】
共感呼ぶNHKの配慮
【海外情報】
(1)下院選とロシアのマスコミ
(2)国境越え民間TV支配へ
(3)香港の新聞価格戦争深刻化
年頭所感
平成七年(一九九五年)十大ニュース

八 月(第四〇五号)

鳩山新党、政界の目にも? 井芹浩文
権力からの自立と放送 松田 浩
開示請求は「国民の権利」 舟橋良治
【メディア談話室】
ミステリー中の敏腕女性記者
【プレスウオッチング】
問われる企業倫理の実践
【放送時評】
力量問われる郵政新布陣
【海外情報】
(1)マードック・ショック走る
(2)共産党は公平に扱われたか
(3)急進左翼紙に見る時代の変転
(4)台湾、放送局処分に波紋
通信社人事

三 月(第四〇〇号)

動き始めた首都機能移転構想 藤村正
ひっ迫に向かう世界の食糧需給黒崎誠
麻薬王帰順など治安に自信大野圭一郎
需要増える予定情報 山田正弘
作家の年賀状 吉野 元
【メディア談話室】
記者クラブ 改革の問題点
【プレスウオッチング】
欲しい視点の総点検
【放送時評】
抑制型NHK予算成立へ
【海外情報】
(1)米で情報通信改革法成立
(2)電子情報網づくりに動く
(3)パリの日刊紙一紙が廃刊
(4)報道界の思想引き締めへ

九 月(第四〇六号)

目前に迫った香港返還 児玉伸昭
国際通信社への道はるか 佐々木坦
情報戦解明に国際会議 稲葉千晴
【メディア談話室】
英国にもあった誘拐報道協定
【プレスウオッチング】
量より質向上の時代に
【放送時評】
来春にも個人視聴率実施か
【海外情報】
(1)買収「百周年」を祝う
(2)中、露で進む国家情報公開
(3)メディア王独放送界に進出
(4)中小規模紙の伸び目立つ

四 月(第四〇一号)

景気の動向を占う 坂本 栄
心の報道を考える 朝田富次
アッと驚く数字の変遷 寺山義雄
【メディア談話室】
法廷 写真取材の自由拡大を
【プレスウオッチング】
記者教育に歴史と倫理
【放送時評】
オウムビデオ事件法廷に
【海外情報】
(1)すねた記者の態度が問題
(2)情報の非公開リスト作成中
(3)欧州にデジタルTV時代到来
(4)過熱した台湾総統選挙

十 月(第四〇七号)

五輪支配した過剰商業主義 石川 聰
共同社史編さんを終えて 矢島重巻
「時事通信社五十年史」 関口 実
外国人が見つけた日本の心 佐藤恵子
【メディア談話室】
記者クラブと便宜供与
【プレスウオッチング】
論調の多様化が鮮明に
【放送時評】
民放恒例秋の番組改編
【海外情報】
(1)日曜新聞を週日版と合併
(2)若きキャスターの登場
(3)電子時代でも雑誌が健闘

五 月(第四〇二号)

韓国総選挙の焦点 後藤文夫
メディアの職業倫理を考える 前沢猛
純粋アマから商業主義へ 加藤博夫
【メディア談話室】
電子新聞時代の幕開け?
【プレスウオッチング】
欠落する報道の倫理
【放送時評】
一過性でない自浄作用を
【海外情報】
(1)内容よりも利益優先経営に
(2)信用得てきたロシア世論調査
(3)全独紙三割の支配権獲保
(4)三割が不公平感抱く

十一月(第四〇八号)

日米安保と沖縄基地 野上浩太郎
危機管理とリスク情報 伊藤力司
対日処理案を的確に見通す 西山武典
【メディア談話室】
イン ターネットとポルノ表現
【プレスウオッチング】
アジアの情報を日本から
【放送時評】
パーフェクTVが始動
【海外情報】
(1)二○○○年まで着実に成長
(2)ロシアに情報公開法への動き
(3)活気呈すポーランド新聞界
(4)日本より長い新聞閲覧時間

六 月(第四〇三号)

現状維持求める台湾の民意志村規矩夫
実証された自浄能力の限界 中郡英男
アイデア勝負の拡販大作戦 岡本 登
【メディア談話室】
改めてえる人権と犯罪報道
【プレスウオッチング】
避けたい自国価値中心
【放送時評】
六十年ぶり米通信法改正
【海外情報】
(1)NYでし烈な部数競争
(2)ロシアで高まる視聴率批判
(3)仏の新聞王死去で波紋
(4)求められる役立つ情報

十二月(第四〇九号)

意外に安定? 橋本新政権 岸田郁弘
変わるコメの世界 吉原正昭
高村光太郎さんの手紙 吉野 元
【メディア談話室】
記者クラブの原点は知る権利
【プレスウオッチング】
メディアの「説明義務」
【放送時評】
総選挙報道は全局及第点
【海外情報】
(1)マードック氏が窮地に
(2)ロシアでラ・テ局乱立へ
(3)旧東ドイツの新聞は半減
(4)訪中記者団派遣中止の背景

>> 目次一覧に戻る

ページトップへ