公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

News Archive|過去のニュース

記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

■新聞通信調査会報総目次(平成9年)

一 月(第四一〇号)

エリツィン二期政権の性格 瀬川清茂
保守回帰に動く米国社会 佐々木 秀
ファクス新聞はいま 井上良一
【メディア談話室】
内外で高まる倫理綱領論議
【プレスウオッチング】
マス コミ人の「けじめ」
【放送時評】
放送外部規制に猛反発
【海外情報】
(1)ウォール街の影響力強まる
(2)露で過去の統計を修正
(3)伊、メディア帝王が危機回避
(4)中国、台湾記者に便宜拡大

七 月(第四一六号)

揺れる韓国政局と大統領選 安尾芳典
米国の扇情報道の変遷 武市英雄
復帰二十五周年沖縄の現実 伊奈 淳
【メディア談話室】
劇場型異常犯罪とメディア
【プレスウオッチング】
金融界不祥事から学ぶ
【放送時評】
放送界は空前の好決算
【海外情報】
(1)だれのための新聞か?
(2)露新聞界の「静かな革命」
(3)新聞創刊相次ぐエストニア

二 月(第四一一号)

行革推進は橋本政権の命綱 泉 宏
「忠犬ハチ公」誕生の真実 矢島重巻
通信社史新資料公刊へ 西山武典
【メディア談話室】
メディア王の虚像と実像
【プレスウオッチング】
リマの「突 撃取材」
【放送時評】
やはり軽率な突撃取材か
【海外情報】
(1)マードックの好敵手ターナー
(2)全露TV代表者フォーラム
(3)英で新放送法を施行
(4)台湾マスコミ十大ニュース
年頭所感
平成八年(一九九六年)十大ニュース

八 月(第四一七号)

ビッグバンで始まる新時代 八牧浩行
予想報道の現状を考える 田所 泉
地方分権委が第2次勧告 堤 直秀
【メディア談話室】
神戸須磨事件報道の問題点
【プレスウオッチング】
メディアの送るイメージ
【放送時評】
問われる民放の営業倫理
【海外情報】
(1)米で調査報道は氷河期
(2)誘拐の的はジャーナリスト
(3)ロマンシュ語日刊紙初創刊
(4)中国、香港に空前の取材陣

三 月(第四一二号)

模索する米ジャーナリズム 藤田博司
ハワイ攻撃、大本営の混乱 北山節郎
「原爆死証明書」 堂添慶瑞 小林経明
日米摩擦報道の現場で思う 軽部謙介
【プレスウオッチング】
「ジャンキット」の弊害
【放送時評】
完全衡のNHK予算案
【海外情報】
(1)米、DJ社で「お家騒動」
(2)ロシア政治と情報リーク
(3)欧州に巨大放送グループ
(4)中国、記者倫理綱領を修正

九 月(第四一八号)

目前の長野五輪あれこれ 岡本 彰
香港返還を現地で見て 坂井臣之助
新聞聯合社の活動と外務省 西山武典
【メディア談話室】
新聞は環境 破壊産業か?
【プレスウオッチング】
創作された「談話」
【放送時評】
NHK、海老沢体制船出
【海外情報】
(1)マードック氏NYで有線局
(2)橋本三原則、露紙に衝撃
(3)スペインで民間TV買収劇
(4)昨年の中国新聞界

四 月(第四一三号)

日本経済の現状と今後 田中紀志夫
新たな統合目指すアジア 榎 彰
映像の裏にひそむ落とし穴 朝田富次
【メディ ア談話室】
電子新聞 に未来
はあるか
【プレスウオッチング】
ジャーナリズムの原点
【放送時評】
デジタル化に走る郵政省
【海外情報】
(1)激化すテレビ報道合戦
(2)報道にも反映する財政難
(3)デジタルTVの将来を予測
(4)市場経済に沿う新聞経営を
新聞通信選書目録

十 月(第四一九号)

通信社の記事送信の変遷 吉田征洋
日本漁業復活への取り組み 山田雅之
新聞広告活性化へ努力続く 平野恭子
【メディア談話室】
メディアに潜む問題を描く
【プレスウオッチング】
際立った報道の格差
【放送時評】
TV全日HUTジリ貧
【海外情報】
(1)新聞の広告媒体価値見限る
(2)国後、色丹の新聞と世論
(3)ポルトガルで民間TV躍進
(4)台湾記者の労働観調査

五 月(第四一四号)

軍事面で見た東アジア情勢 西脇文昭
北朝鮮危機の構図と日本 菱木一美
ジャーナリズムとタブー 松田 浩
【メディア談話室】
日本型報道評議会は可能か
【プレスウオッチング】
報道と最高裁の確執
【放送時評】
多CH対応、夏番組改編
【海外情報】
(1)米で史上最高の新聞買収劇
(2)報道の自由擁護示す大統領
(3)フィンランドのメディア界
(4)ABC公査実施が微妙に

十一月(第四二〇号)

したたかで巧みな中国外交 服部健司
現地に見る豪州新聞事情 鈴木正徳
バタビア支局の人たち 田中 理
【メディア談話室】
法廷写真 取材の行方
【プレスウオッチング】
情報は、空気のように
【放送時評】
郵政反発、民営化撤回へ
【海外情報】
(1) ロイター、新市場の創設へ
(2)イズベスチヤ時代の終わり
(3)プライバシー保護新綱領を
(4)中国紙誌に女性差別風潮が

六 月(第四一五号)

大使公邸人質事件と報道 伊藤 正
司馬、藤沢没後の日本文学 藤田昌司
不透明感増す原子力政策 田崎耕次
【メディア談話室】
犯罪報道と被害者の人権
【プレスウオッチング】
書かない自由」
【放送時評】
フジ、ソニーがCS参入
【海外情報】
(1)後絶たない報道に伴う危険
(2)「株」に揺れる露の新聞界
(3)欧の有料TV界で大変動
(4)台湾で報道協定作りの動き

十二月(第四二一号)

橋本首相、外交で浮揚図る 龍野建一
新聞博物館、三年後開館へ安良城竜太
戦前戦後の飛行場総ざらえ戸田大八郎
河上さんのピアノと皇后 吉野 元
【メディア談話室】
すれ 違いの新聞再販論争
【プレスウオッチング】
慣れ、マンネリズム
【放送時評】
民放大会で広告業界批判
【海外情報】
(1)NYタイムズが紙面刷新
(2)続報・ジャーナリスト誘拐
(3)仏で相次ぐ企業買収の余波
(4)中国、新聞の乱立整理へ

>> 目次一覧に戻る

ページトップへ