公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

News Archive|過去のニュース

記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

■新聞通信調査会報総目次(平成11年)

一 月(第四三四号)

自自連立合意の背景と今後 福山正喜
露、国家主導型へ政策転換 高橋 実
虚実織り交ぜ日露が諜報戦 稲葉千晴
江沢民訪日で思ったこと 伊藤 正
【メディア談話 室】
マスメディアと新聞の将来
【プレスウオッチング】
クレディビリティー
【放送時評】
民放局に厳しい中間決算
【海外情報】
(1)社長を置かず集団指導制に
(2)欧州大陸に本格進出図る
(3)台北市長選で新聞不買運動

七 月(第四四〇号)

秋の解散・総選挙は微妙 泉 宏
ペリー勧告へ期待と警戒心 菱木一美
自治体の自立促す分権法案 八木 稔
【メディア談話室】
首脳会談めぐる報道の落差
【プレスウオッチング】
ニュース報道の事実
【放送時評】
海老沢会長体制固める
【海外情報】
(1)新聞宅配時間繰り上げへ
(2)新登場の大衆紙が急成長
(3)台湾で新夕刊紙創刊 内田啓明

二月(第四三五号)

威信確保図る米国 山崎真二
米国に見る太平洋戦争(1) 小糸忠吾
川端康成さんの手紙 吉野 元
【メディア談話 室】
新聞小説はどこへ行く
【プレスウオッチング】
産経の「新聞らしさ」
【放送時評】
Vチップ導入当面見送り
【海外情報】
(1)身売りもままならぬUPI
(2)カザフ大統領選への疑惑
(3)独で街頭新聞が大幅退潮
(4)放送の「偏向」めぐり論議
平成十年(一九九八年)十大ニュース
新聞通信選書目録

八 月(第四四一号)

容易になった中国奥地の旅 坂井定雄
「原爆外交」が冷戦促進 金子敦郎
日本語、源氏、北朝鮮…… 藤田昌司
【メディア談話室】
「説 明 責務」と「知る権利」
【プレスウオッチング】
海外の新聞から学ぶ
【放送時評】
民放TVに自粛時間帯
【海外情報】
(1)世界を制覇したCNN
(2)コソボ報道に冷静な露マスコミ
(3)念願の仏への進出成らず
(4)メディアの監視機能を公認

三 月(第四三六号)

ラジオ深夜便に菊池寛賞 小高昌夫
政治記事活性化への提言 野上浩太郎
米国に見る太平洋戦争(2) 小糸忠吾
【メディ ア談話室】
新聞が生き残るために
【プレスウオッチング】
情報公開法とメディア
【放送時評】
民放は五年連続減収予測
【海外情報】
(1)ローカルニュースにも専門局
(2)中央アジア紙で宗教論争
(3)ロンドンに無料朝刊紙
(4)中国新聞出版十大ニュース

九 月(第四四二号)

農民革命から資本主義へ 信太謙三
コソボ紛争と欧米流価値観 高橋 実
「佐藤顕理伝」出版始末 石塚 博
【メディア 談話室】
テレビ局と企業」の「文化」
【プレスウオッチング】
ジャーナリズムの倫理
【放送時評】
不祥事に揺れるTBS
【海外情報】
(1)取材の倫理規定を公表
(2)露で新聞情報省新設
(3)部数激減を機に路線論争
(4)機密漏れで記者取り調べ

四 月(第四三七号)

即位十年、平成流が定着 高橋 紘
ニュージーランド新聞史(1) 鈴木雄雅
「昭和メディア史」の周辺 佐伯安彦
特攻出撃・幻の大地震 大沢正作
【メディア談話室】
「女子アナ」とニュース
【プレスウオッチング】
誤報、おわび、匿名など
【放送時評】
過剰演出見直す好機
【海外情報】
(1)LAタイムズがトップに
(2)政治危機の中の露マスコミ
(3)英の国際週刊紙が廃刊

十 月(第四四三号)

解散絡みの秋の政局 佐藤雄一
動き始めた中東和平 内藤恭介
放送デジタル化を考える 松田 浩
【メディア談話 室】
日の丸と官庁と記者クラブ
【プレスウオッチング】
ジャーナリズムの独立性
【放送時評】
テレビ大国の超後進性
【海外情報】
(1)米紙のオンライン化進む
(2)日本人拉致めぐる食い違い
(3)英最大の新聞グループ出現
(4)台湾刺激する香港紙報道

五月(第四三八号)

二○○○年問題を考える 岩切司
世界人口10月に60億人に 西内正彦
「国通」設立の目的と背景 佐藤純子
【メディア談話室】
脳 死報道と情報開示
【プレスウオッチング】
話題に富んだ都知事選
【放送時評】
相次ぐ民放不祥事
【海外情報】
(1)黒字のオンライン事業も
(2)コソボ戦争とマスメディア
(3)独メディアがクロアチアへ
(4)台湾新聞界にリストラの嵐

十一月(第四四四号)

食料自給率、先進国では最低 古野雅美
ベンチャーに個人投資を 岩切 司
ニュージーランド新聞史(2) 鈴木雄雅
【メディ ア談話室】
新聞倫理綱領の見直し
【プレスウオッチング】
提言報道と社論の反映
【放送時評】
民放TV秋の番組改編
【海外情報】
(1)ロイターに異変
(2)イスラム原理主義が連帯?
(3)報道規制案がチェコ議会に
(4)中国紙、三分の一が広告減

六 月(第四三九号)

実体経済に明るい兆しも 入来院重建
二年越し、情報公開法成立 後藤正明
IOCの自浄能力は疑問 加藤博夫
【メディア談話室】
新人採用とインターン制
【プレスウオッチング】
一面コラムはなぜ匿名か
【放送時評】
最後の在来型民放開局
【海外情報】
(1)四苦八苦のNYニューズ
(2)プリマコフ氏解任の背景
(3)仏の代表的夕刊紙売却さる
(4)部数伸びたが、紙数は減

十二月(第四四五号)

結局はサミット後解散か 加藤清隆
選挙予測報道規制論を排す 井芹浩文
関特演の思い出 中川正和
【メディア談話室】
「海賊」報道に思う
【プレスウオッチング】
新聞に広がる多様性
【放送時評】
専門家提言で特別番組
【海外情報】
(1)黒人はたった一人
(2)チェチェン戦と露マスコミ
(3)外国資本進出を規制せず
(4)政府通達に放送界が反発

>> 目次一覧に戻る

ページトップへ