公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

(事務局・鈴木、西村)

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

News Archive|過去のニュース

記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

■新聞通信調査会報総目次(平成15年)

一 月(第四八二号)

原発と今後のエネルギー政策 湯浅 泉
日朝を縛るブッシュ政権 杉田 弘毅
検証・戦争とメディア 橋本 晃
不信の行方を追う 村山 義久
「大山賞」を受賞して 田辺 忠幸
【メディア談話室】
ニュースと披露宴中継
【プレスウオッチング】
対米追随の危険性
【放送時評】
民放、減収減益決算
【海外情報】
(1)米メディア広告動向予測
(2)露紙に現れたアフガン論評
(3)伊首相のメディア支配拡大
(4)公的機関が新聞購読を強制

七 月(第四八九号)

日銀生活を振り返って 藤原 作弥
東方通信社(1) 江口 浩
台湾CATVの発展と現状 上原 伸元
動きだしたデジタル化 松田 浩
今どきの若者気質 佐藤 信行
【メディア談話室】
大量破壊兵器の行方
【プレスウオッチング】
大新聞は襟を正せ
【放送時評】
NHK会長異例の三選へ
【海外情報】
(1)米、メディア所有規制緩和
(2)北朝鮮国家形成の無理
(3)伊の高級紙編集長が辞任

二 月(第四八三号)

財源移転、自治体規模拡大 小松 俊樹
韓国新政権、北朝鮮では試練 磐村 和哉
新聞広告デジタル化目指して 上山 進
イラク危機・真実はどこに 阿部 汎克
思い出の同盟通信社航空部 大沢 正作
【メディア談話室】
若者向け新聞の試み
【プレスウオッチング】
イラク危機と平和
【放送時評】
各社一斉にデジタル申請
【海外情報】
(1)ネット情報頼る傾向強まる
(2)パワーポリティクス時代
(3)SMGが新聞グループ売却
(4)中国新聞出版界重大ニュース

八 月(第四九〇号)

ブッシュ政権の世界戦略と日本 春名 幹男
元記者が見る米国のメディア 佐藤 成文
節目で迎える総選挙 井芹 浩文
異例の長丁場となった教育改革 徳武 靖
戦国武将が育てた将棋 田辺 忠幸
【メディア談話室】
「民放化」するNHK
【プレスウオッチング】
沖縄と本土紙の落差
【放送時評】
倫理番組向上機構が発足
【海外情報】
(1)問われる政治のメディア支配
(2)米FCC決定に反発強まる
(3)02年の中国新聞発行状況
(4)米ネオコンはどこへ向かうか

三 月(第四八四号)

「竹中流」はなぜ嫌われるか 栗原 猛
米・戦争収容所の地下新聞 田村 紀雄
日露戦争開戦の真実 稲葉 千晴
国語学界か日本語学会か 朝田 富次
評価高い英記者の戦争報道 波津 博明
【メディア談話室】
現場と大学の間
【プレスウオッチング】
迫り来る危機をどう分析、対応すべきか
【放送時評】
NHKアーカイブス発足
【海外情報】
(1)ATWのケース会長引退へ
(2)エストニア、メディア事情
(3)新聞、TV減りネット大幅増

九 月(第四九一号)

「夢物語」でない与野党逆転 加藤 清隆
外交文書に見る東方通信社(2) 江口 浩
中国ビジネスの深い闇を見る 信太 謙三
今、トルコのクルド人は… 増山 栄太郎
昭和史と歩んだ数奇な経験 木原 喜一
【メディア談話室】
「タイムズ」は変身するか
【プレスウオッチング】
58回目迎える「原爆の日」
【放送時評】
メディア規制で関連法成立
【海外情報】
(1)伊首相のメディア支配を容認
(2)英、アナログ波利用に2提案
(3)SARS報道を検証
(4)米で広告、部数に増加の動き

四 月(第四八六号)

解散総選挙は当面なし 後藤 謙次
経済界トップ人事が決定 森 欣也
米国外交と選民思想 長賀 一哉
中小企業と労働力事情 中沢 孝夫
碁、古代中国が起源 本多 徳正
【メディア談話室】
薄れた戦争の記憶
【プレスウオッチング】
「仕方がない症候群」からの脱皮、再生を
【放送時評】
放送倫理向上に第三者機構
【海外情報】
(1)米、TV媒体力低下に対応
(2)露の経済、社会に新時代
(3)ドイツ全国紙の苦境、合理化も限界に
(4)中国各紙が急速に増ページ

十 月(第四九二号)

「政治の季節」を迎えたロシア 中澤 孝之
最終段階に入ったEU憲法制定 秋山 民雄
北朝鮮核問題めぐる6カ国協議 菱木 一美
戦争とメディア統制を考える 橋本 晃
【メディア談話室】
笑えない「美女軍団」
【プレスウオッチング】
小泉首相の政治手法を考える
【放送時評】
不祥事続発のTV業界
【海外情報】
(1)独2位のTVグループを買収
(2)米放映権ビジネスに変調
(3)党機関紙立て直しに躍起
共同、時事の新社屋紹介

五 月(第四八七号)

日銀、福井新総裁のかじ取り 軽部 謙介
イラク戦争支えた「理念」 会田 弘継
再燃した記者クラブ問題 権田 萬治
記者的素養備えた技術者を 河野 和彦
混乱の中で陣中新聞を編集 大橋 博
【メディア談話室】
イラク戦争と報道
【プレスウオッチング】
イラク戦争の報道
【放送時評】
NHK総合視聴率アップ
【海外情報】
(1)米の放送政策や課題で議論
(2)イラクはどれほど脅威だったか
(3)高級紙ルモンド批判で論争

十一月(第四九四号)

遠い中東和平への道 島崎 淳
「捕鯨」報道を時系列で見る(1) 梅崎 義人
既存メディア外にも「門戸開放」 冨田 共和
全盛の米トーク番組 佐藤 成文
外交文書に見る東方通信社(3) 江口 浩
【メディア談話室】
地域社会と新聞の役割
【プレスウオッチング】
「石原暴言」は許せない
【放送時評】
“デジタル放送破綻”で特集
【海外情報】
(1)英地上波テレビの寡占進む
(2)子供のテレビ、ネットで米調査
(3)高雄市長、名誉棄損で上告へ

六 月(第四八八号)

イラク戦と北朝鮮問題 川上 高志
米仏対立の背景を考える 秋山 民雄
イラク戦からサイバー戦へ 橋本 晃
マスコミ規制対応で教訓も 土方 健男
大不況時代の出版業界 木村 剛久
【メディア談話室】
NYタイムズの「問題」
【プレスウオッチング】
クラスター爆弾の非人道性
【放送時評】
多難な地上デジタル普及
【海外情報】
(1)ニューズ社、衛星業界進出
(2)サウジ・テロ事件の示すもの
(3)墺最大紙支配権めぐり抗争
(4)報道部門にもリストラの波

十二月(第四九五号)

複数の要因が景気を圧迫 谷 定文
定着するか「二大政党」時代 吉田 文和
「捕鯨」報道を時系列で見る(2) 梅崎 義人
古野伊之助さんと競輪 赤池 孝之
【メディア談話室】
おとなしいメディア
【プレスウオッチング】
教育改革に鋭い目を
【放送時評】
視聴率至上主義に高まる不信感
【海外情報】
(1)英高級紙にタブロイド判
(2)専門・業界紙の再編進む―中国
(3)米で新聞購読の解約続く
(4)FCC、ユニビジョンの合併を承認

>> 目次一覧に戻る

ページトップへ