公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

News Archive|過去のニュース

記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

■メディア展望総目次(平成21年)

一 月(第五六四号)

オバマ新大統領と米国の行方 会田 弘継
歴史的勝利に社会の変化 藤田 博司
「水素」めぐり新たな資源戦争 増田 亜
通信社の先輩が語る「私の体験記」(22) 佐藤 貞夫
【メディア談話室】
トリビューン社破綻と深まる危機
プレスウォッチング】
軍縮への潮流強まる
【放送時評】
NHK、オンデマンドサービス開始
【海外情報】
①スウェーデン最大紙が助成申請
②台湾大手の『中国時報』が身売り

七 月(第五七〇号)

問題抱えスタートした裁判員制度 安達 功
米中露3大国の生存度を探る 小関 哲哉
「情報津波」時代のジャーナリズムを考える(下) 高橋 文夫
TV報道に新たな動き(2) 鈴木 弘貴
【メディア談話室】
民主第三者委の報道批判
【プレスウオッチング】
許せない政府高官のウソ
【放送時評】
「視聴質」論議に再び関心
【海外情報】
オーストリアにFペーパーと広告のリング
ニュース報道の行方を楽観
中国の地方紙に2つの脅威
書評 河内 孝著『新聞社』、畑仲 哲雄著『新聞再生』、猪熊 建夫著『新聞・TVが消える日』(前田 耕一=新聞通信調査会前理事長)

二 月(第五六五号)

悲観広がる09年の世界経済 梅本 逸郎
混迷深める韓国経済 角田 卓士
通信社の先輩が語る「私の体験記」(23) 中澤 孝之
マスメディア関連の裁判を見る(40) 佐藤 英雄
【メディア談話室】
仮名が多用されるルポ
【プレスウォッチング】
「年越し派遣村」が投じた一石
【放送時評】
メディアの価値評価めぐり論議
【海外情報】
①オランダ政府、国内紙保護で調査へ
②米、DTV移行延期の動き

八 月(第五七一号)

現実味帯びる政権交代 石井 達也
オバマの「核廃絶」と唯一被爆国の立場 金子 敦郎
通信社の先輩が語る「私の体験記」(27) 信太 謙三
マスメディア関連の裁判を見る(43) 佐藤英雄
全行程5000キロ、過酷だったチベット再訪 増山榮太郎
【メディア談話室】
核密約報道と政府のうそ
【プレスウオッチング】
広島・長崎原爆の「道義的責任」
【放送時評】
通信・放送の法体系整備の動き活発化
【海外情報】
英下院議員の不正請求発覚
米新FCC委員長にゲナコウスキー氏
金融危機、新聞経営を直撃―中国
書評 浜田純一、田島泰彦、桂 敬一 編『[新訂]新聞学』(江口 浩)

三 月(第五六六号)

中東和平の行方を探る 儀間 朝浩
勢いづく郵貯民営化見直し論 伊藤 一馬
通信社の先輩が語る「私の体験記」(24) 佐々木 坦
マスメディア関連の裁判を見る(41) 佐藤 英雄
【メディア談話室】
醜態会見とメディアの醜態
【プレスウォッチング】
「日本の立ち位置」明確に
【放送時評】
「若手全国制作者交流セミナー」開く
【海外情報】
①独に巨大メディアグループ誕生
②米DTV移行、再延長へ
③中国新聞業界の10大ニュース

九 月(第五七二号)

ポスト金正日へ焦る北朝鮮 吉田健一
情報の国際的不均衡を考える(上) 有山輝雄
ガーディアンとニューズ社対決の構図 小林恭子
映画に期待する米ジャーナリスト教育 佐藤成文
TVジャーナリズムに新たな動き③ 鈴木弘貴
【メディア談話室】
より開かれた政治取材を
【プレスウオッチング】
武器輸出3原則緩和の報告書に驚く
【放送時評】
日テレ「バンキシャ」虚偽報道問題で勧告
【海外情報】
独新聞グループWAZ、DPAを解約
NYT、経営改善に向け対策急ぐ
総部数は1.1%増―08年中国の新聞発行
書評 蓮見博昭著『オバマのアメリカはどこへ行く』(中屋祐司)

四 月(第五六七号)

世界不況下の日本企業再生を探る 河原 仁志
第1回「メディアに関する全国世論調査」(上) 前田 耕一
通信社の先輩が語る「私の体験記」(25) 佐藤 睦
BBCが放映拒否で非難の的に 小林 恭子
目立ってきた英ニュース媒体の米進出 佐藤 成文
【メディア談話室】
政府高官と記者懇談
【プレスウォッチング】
アフガン紛争、泥沼化を危惧
【放送時評】
制作現場の環境・体質改善を期待
【海外情報】
①仏著名夕刊紙がロシア資本の手に
調査会だより
書評 原 寿雄著『ジャーナリズムの可能性』(桂 敬一=立正大学講師)

十 月(第五七三号)

第1回対外情報発信研究座談会
基調報告 江口 浩
情報の国際的不均衡を考える(下) 長谷川 倫子
新疆ウイグル暴動の現場を行く 小林 幹夫
【メディア談話室】
報道の55年体制に決別を
【プレスウオッチング】
「鳩山論文」批判は行き過ぎ
【放送時評】
注目集める民主党の通信・放送政策
【海外情報】
伊首相と新聞界の対立進む
米CBSニュースのクロンカイト氏死去
増加目立つネット媒体への訴訟―中国
書評 比企寿美子著『アインシュタインからの墓碑銘』(増山 榮太郎)

五 月(第五六八号)

サハリン首脳会談後の日露関係 名越 健郎
第1回「メディアに関する全国世論調査」(下) 前田 耕一
TV報道に新たな動き① 鈴木 弘貴
マスメディア関連の裁判の見る(42) 佐藤 英雄
【メディア談話室】
相次ぐ「ずさん取材」
【プレスウォッチング】
政府の「文書不開示」で提訴
【放送時評】
衛星放送事業、再編の動き活発化
【海外情報】
蘭「PCM」系全紙を支配下に
中国新聞業界、紙代高騰で値上げの動き
米の地デジ化、3度目の正直成るか
書評 湯川 鶴章著『次世代マーケティングプラットホーム~広告と
マスメディアの地位を奪うもの』(栗原 務=広告会社勤務)

十一 月(第五七四号)

参院過半数に懸ける民主、自民再生は対案作りから 鈴木博之
一審取り消し、通信社機能に理解―東京高裁 三土正司
通信社の先輩が語る「私の体験記」(28) 佐藤信行
TVジャーナリズムに新たな動き(4) 鈴木弘貴
マスメディア関連の裁判を見る(44) 佐藤英雄
【メディア談話室】
開かれた会見とメディア
【プレスウオッチング】
「八ツ場ダム」工事中止の衝撃
【放送時評】
多チャンネル放送研、09年実態調査発表
【海外情報】
①欧州で進む新聞の合併・統合
②米調査機関、景気後退報道を分析
③中国の新聞総印刷量、2.45%減
書評 松尾文夫著「オバマ大統領がヒロシマに献花する日」(小関哲哉)

六 月(第五六九号)

動きだしたオバマ米新政権 沢井 俊光
小沢事件めぐる暗闘を見る 増山 榮太郎
日本版オーマイニュース閉鎖の裏側 平井 久志
雑誌よ、甦れ(上) 高橋 文夫
深刻な打撃受ける米ジャーナリズム 橋本 晃
通信社の先輩が語る「私の体験記」(26) 菱木一美
【メディア談話室】
新聞の「再活性化」と政府の役割
【プレスウオッチング】
「小沢問題」と報道の責任
【放送時評】
地デジ、周知のための広報が課題
【海外情報】
オンライン専門新聞、損失の可能性
中国で新聞の市場退出が論点に
書評 会田 弘継著『追跡・アメリカの思想家たち』(蓮見 博昭=恵泉女学園大学名誉教授)

十二 月(第五七五号)

現代日本の病とジャーナリズムに思う 水木楊
『テレグラフ』紙、議会のタブーに挑戦 小林恭子
170社が参加して世界メディアサミット 山口光
ボスニアの墓標街道を行く 小林幹夫
【メディア談話室】
会見開放と記者クラブ
【プレスウオッチング】
「日米同盟」再構築の道
【放送時評】
在京民放TV、全5社とも減収―9月中間決算
【海外情報】
①オンライン新聞に有料化の流れ
②加速する米紙の販売不振
③波紋呼ぶ『中華新聞報』の廃刊
メディア展望総目次(平成21年)
書評 古賀純一郎著「メディア激震」 前田耕一

>> 目次一覧に戻る

ページトップへ