公益財団法人 新聞通信調査会

  • HOME
  • メディア展望
  • 講演会
  • 写真展
  • ボーン・上田賞
  • 通信社ライブラリー
  • メディア世論調査
  • 出版補助事業
  • 当財団について
  • 刊行物・資料

〒100−0011

東京都千代田区内幸町2−2−1

日本プレスセンタービル1階

公益財団法人 新聞通信調査会

TEL(03)3593−1081(代表) FAX(03)3593−1282

Email:chosakai@helen.ocn.ne.jp

メディア展望・書籍のお申込みはコチラメディア展望・書籍のお申込みはコチラ

公益財団法人 新聞通信調査会

News Archive|過去のニュース

記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

■メディア展望総目次(2017年)

1月(第661号)

ネットメディアがプライバシー侵す 津田 大介
第9回「メディアに関する全国世論調査」(下) 菅原 琢
特派員リレー報告(61)ロサンゼルス 市川 亮太
北方領土返還交渉、今後も難航 佐藤 親賢
日記で読む昭和史(67) 国分 俊英
ルポルタージュ「日本人ヤングムスリム」 伊藤 亜衣
【放送時評】
NHK会長、籾井氏から上田氏に 音 好宏
【プレスウオッチング】
今が時代の曲がり角? 小池 新
【メディア談話室】
実名発表を拒否、異常事態の解消まで15日 井内 康文
【海外情報(中国)】
メディアが追い続け、強姦事件死刑囚が無罪に 魯  諍
【海外情報(米国)】
ツイッターの恐ろしさ 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
政治とメディアは「ずれている」か 小林 恭子
【書評】
『21世紀の共感文章術』 小林 恭子

7月(第667号)

米、誤算の果てにキューバと国交再開 竹田 保孝
小池新党が台風の目 島内 眞人
米ソ冷戦時代も「秘密のチャンネル」 中澤 孝之
特派員リレー報告(67)香港 小川 耕一
マクロン後の欧州、なお霧の中 中田  協
日記で読む昭和史(73) 国分 俊英
「大阪テレビ」の光芒(4) 小山 帥人
【メディア談話室】
安倍政権の「陽謀」 新聞の弱腰 井内 康文
【プレスウオッチング】
人はそれを「悪政」と呼ぶ? 小池 新
【放送時評】
富山のチューリップTVにギャラクシー賞 音 好宏
【海外情報(欧州)】
英国の政局、大揺れに 小林 恭子
【海外情報(米国)】
疑惑まみれの異例のトランプ政権 津山 恵子
【海外情報(中国)】
娯楽アカウントを規制 魯  諍
【書評】
『アメリカと中国』 服部 健司

2月(第662号)

多様化する若者のジャーナリズム観 桂 敬一
プライバシー保護とメディアの在り方 本誌編集部
北方領土問題解決の道筋見えず 中澤 孝之
特派員リレー報告(62)シドニー 小宮伸太郎
日記で読む昭和史(68) 国分 俊英
ルポルタージュ「日本人ヤングムスリム」 伊藤 亜衣
【メディア談話室】
まん延するフェイク・ニュース 井芹 浩文
【プレスウオッチング】
「こんなものだろう」と諦めないで 小池 新
【放送時評】
「ニュース女子」に取材のずさんさ指摘する声 音 好宏
【海外情報(米国)】
メディアが真に立ち上がる時 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
激変する欧州メディアの編集現場 小林 恭子
【海外情報(中国)】
ネット大国目指す方針―中国 高井 潔司
【書評】
『トランプ大統領とダークサイドの逆襲』 金子 敦郎

8月(第668号)

届けられなかった声 林 香里
無謀な突撃こそ記者の本源 高野 孟
新年号は既に3~5つに絞られている? 久能 靖
日記で読む昭和史(74) 国分 俊英
当時も非公式な「秘密のチャンネル」(下) 中澤 孝之
特派員リレー報告(68)リオデジャネイロ・ハバナ 小西 大輔
「大阪テレビ」の光芒(5) 小山 帥人
【プレスウオッチング】
小池サンに期待するしかない悲しさ 小池 新
【メディア談話室】
キュレーションサイトを考える 井芹 浩文
【放送時評】
NHKの常時同時配信には法改正が必須 音 好宏
【海外情報(米国)】
「女性蔑視表現」について考える 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
EUがグーグルに巨額制裁金 小林 恭子
【海外情報(中国)】
ネット安全法、業界の予想以上に厳格実施 高井 潔司
【書評】
『北方領土の謎』 佐藤 親賢

3月(第663号)

反知性主義の爆発、人種・人権問題再燃で国が分断 鈴木 美勝
特派員リレー報告(63)ブリュッセル 松本 泰久
民主主義に迫る危険 中田 協
読者つかめるか有料コンテンツ 中西 亨
日記で読む昭和史(69) 国分 俊英
ルポルタージュ「日本人ヤングムスリム」 伊藤 亜衣
【メディア談話室】
糸魚川大火で消えた「上海軒」 井内 康文
【プレスウオッチング】
「狂喜トランプ」と「一シンドン体」 小池 新
【放送時評】
4K・8K放送の事業者決まる 音 好宏
【海外情報(米国)】
米メディア、「未知の時代」に突入 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
オランダで拡大する極右支持 小林 恭子
【海外情報(中国)】
16年の都市報、大幅欠損に 西  茹
【書評】
『戦争巡歴』 佐々木 坦

9月(第669号)

世論と支持率がチェック機能を果たす 軽部 謙介
独自取材ニュースの需要は不変 我孫子和夫
20年の波乱乗り越え豊洲へ 川本 大吾
特派員リレー報告(69)エルサレム 浅見 麻衣
「大阪テレビ」の光芒(6) 小山 帥人
日記で読む昭和史(75) 国分 俊英
文在寅政権「反日・親北」という決めつけは疑問 平井 久志
【放送時評】
若者のテレビ離れに拍車掛かる 音 好宏
【メディア談話室】
「実名報道主義」はただのお題目か 井内 康文
【プレスウオッチング】
当てにならない「民意」に右往左往 小池 新
【海外情報(米国)】
バノン氏が極右情報流し続ける可能性も 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
男女の報酬格差で非難の大合唱 小林 恭子
【海外情報(中国)】
AIがニュースの編集・発信 西  茹
【書評】
『地獄の淵から ヨーロッパ史』 明石 和康

4月(第664号)

「ピンポイント・メディア」が標準になる 坪田 知己
「大阪テレビ」の光芒 小山 帥人
同盟通信の影武者 鳥居 英晴
東京五輪、ロンドンやリオと比べ肥大化進む 永井 利治
日記で読む昭和史(70) 国分 俊英
特派員リレー報告(64)上海 木梨 孝亮
【プレスウオッチング】
その報道、いつもと違う! 小池 新
【メディア談話室】
量的公平と質的公平の間 井芹 浩文
【放送時評】
東日本大震災の特番、各局が工夫し対応 音 好宏
【海外情報(米国)】
新たな報道スタイルや斬新な切り口求める 津山 恵子
【海外情報(中国)】
新聞やミニブログから動画中心に 魯  諍
【海外情報(欧州)】
ブレグジット後の英国独立党の将来は? 小林 恭子
【書評】
『「南京事件」を調査せよ』 高井 潔司

10月(第670号)

頻発する炎上の正体、情報社会の未来 山口 真一
加速するEV、欧米や中国が積極推進へ方針転換 中西 亨
ポスト・トゥルース政治と改憲めぐる困難さ 西田 亮介
北朝鮮に「抑止効果」なし 金子 敦郎
景気拡大と財政立て直しの両立を期待 永濱 利廣
日記で読む昭和史(76) 国分 俊英
「大阪テレビ」の光芒(7) 小山 帥人
特派員リレー報告(70)ウィーン 土屋 豪志
【メディア談話室】
ソーシャルメディアとマスメディア 井芹 浩文
【プレスウオッチング】
「北朝鮮危機」が日米首脳を救う 小池 新
【放送時評】
ネットTV、若者中心に圧倒的な支持 音 好宏
【海外情報(米国)】
トランプ・ジョーク尽くし 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
欧州の「ジハディスト」とは何者か 小林 恭子
【海外情報(中国)】
ネット規定の強化で自粛ムード強まる 魯  諍
【書評】
『人間はだまされる』 西 健太郎

5月(第665号)

トランプ氏、即断即決見せたシリア攻撃 津山 恵子
特派員リレー報告(65)ニューヨーク 齋藤 淳
トランプ大統領と中国の共通性 服部 健司
日記で読む昭和史(71) 国分 俊英
海外世論調査 本誌編集部
「大阪テレビ」の光芒(2) 小山 帥人
デジタルで「信頼の輪」を 坪田 知己
同盟通信の影武者(中) 鳥居 英晴
【メディア談話室】
経産省は〝無菌状態〟で仕事したいのか 井内 康文
【放送時評】
斬新アイデアの番組、視聴者に鮮烈記憶 音 好宏
【プレスウオッチング】
なぜ内閣支持率が下がらないのか 小池 新
【海外情報(中国)】
6月からインターネット安全法施行 高井 潔司
【海外情報(欧州)】
欧州で広がるポピュリズム 小林 恭子
【書評】
『日本のインテリジェンス工作』 小幡 利夫

11月(第671号)

メモリー事業の売却はまだ「砂上の楼閣」 大西 康之
特派員リレー報告(71)シカゴ 菅 正治
知られていないジャーナリズム 坪田 知己
「時代遅れの日本型経営」が鍵 相馬 尚文
日記で読む昭和史(77) 国分 俊英
ヤルタ随想 中澤 孝之
「大阪テレビ」の光芒(8) 小山 帥人
【プレスウオッチング】
ああ、ドタバタ「選挙バラエティー」 小池 新
【メディア談話室】
バラバラ報道では経産省に反撃できない 井内 康文
【放送時評】
地域のコミュニケーション担える人材育成を 音 好宏
【海外情報(中国)】
世論管理も含む中国のメディア融合 高井 潔司
【海外情報(米国)】
権力の「監視役」の意識強く 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
危険にさらされるジャーナリスト 小林 恭子
【書評】
『グローバル・ジャーナリズム』 小林 恭子

6月(第666号)

偽ニュース拡散抑止に取材力高度化を 藤代 裕之
北朝鮮のミサイル開発、着実に進展 井上智太郎
EU崩壊の危機を辛くも回避 村上 直久
日記で読む昭和史(72) 国分 俊英
「大阪テレビ」の光芒(3) 小山 帥人
同盟通信の影武者(下) 鳥居 英晴
特派員リレー報告(66)ウラジオストク 飯沼 賢一
【メディア談話室】
「報道の自由度72位」をどう解するか 井芹 浩文
【プレスウオッチング】
「改憲もポピュリズムで」ってか!? 小池 新
【放送時評】
CATVの地域密着サービスの象徴、PAC 音 好宏
【海外情報(米国)】
フェイクニュースを見破る方法 津山 恵子
【海外情報(欧州)】
クーデター未遂事件後のトルコ情報統制の実態 小林 恭子
【海外情報(中国)】
不都合な情報の伝播に監視の目 西  茹
【書評】
『挑戦する世界の通信社』 里見 脩

>> 目次一覧に戻る

ページトップへ