ボーン・上田賞

2016年度ボーン・上田記念国際記者賞

 2016年度の第67回ボーン・上田記念国際記者賞は選考の結果、「受賞該当者なし」となりました。該当者なしは、ボーン国際記者賞時代を含めて11回目で2009年度以来7年ぶりです。 以下は選考会議のコメントです。

 今年は、受賞該当者なしという、まことに残念な結果となりました。選考会議がそうした結論に至った経緯をお伝えしたいと思います。
 世界はいま、激動の時代を迎えています。一時的な変化というより、歴史的ともいえる、われわれが大前提としてきた価値観をも覆すのかと思われるような変化とみられるものも少なくありません。米国におけるトランプ大統領の登場、それに先立つ英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)、EU自体の動揺、フランスをはじめ多くの国における極端な主張の政党や政治家の台頭、中国の台頭ないし再台頭に伴う地政学、地経学的な変化、第4次産業革命と呼ばれるような経済・産業の構造変化、人口知能(AI)などをはじめとする技術のパラダイム転換と、それが及ぼす経済、社会、生活への影響の甚大化、テロや原理主義の横行、難民の劇的な増大、保護主義への傾斜など、まさに潮流変化ともいえる事象が折り重なって進行しだしています。それに伴い、各国の政治だけでなく、国際機関、企業など様々な分野においてガバナンスが問われています。そうした潮流変化のもとで、政治、経済、社会の不確実性が高まりつつあります。
 選考会議が期待したのは、そうした時代的な地殻変動、潮流変化を直視し、洞察する報道活動です。取材・報道活動におけるメディアおよびジャーナリストの努力は評価できます。しかし、歴史的な変化の下に、不確実性、流動性が様々な分野で強まりつつあるなかで、社会からのメディアへの、またジャーナリストへの期待が一層高まっていると実感します。今回応募のあった記事・報道には、そうした期待に応えられるような骨太で深みのあるものが、残念ながら見受けられませんでした。
 また、選考の基準は、応募者の2016年の1年間における報道活動です。長年にわたる活動で立派な業績を残した応募者もいます。しかし、本賞は年功賞ではなく、あくまで過去1年間における報道活動を対象としたものです。それだからこそ、上記の若干の例を挙げたような、2016年における歴史的とも見られる大変化に真正面から挑戦する報道活動と作品が期待されました。たとえば、トランプ現象も、トランプ大統領という特異な性格の大統領が生まれたこと自体よりも、なぜプロの政治家たちが敗北したのか、それをもたらした背景は何か、それが過去とは断絶した新しい動きへの萌芽なのか、大統領候補としてバニー・サンダース氏らが善戦した背景は何か、伝統的なメディアとツイッターなどに現れるネット社会、ネット情報との関係がどうなり、民主主義のガバナンスにどうした影響を持続的に与えうるのか。そうしたことを社会はわれわれに問いかけていると思われます。
 フランスの歴史学者であるエマヌエル・トッド氏など、何人もの学者たちが、こうした時代的な変化に注目し、あたかもジャーナリストのような言論活動をしたことも無視できません。変化と不確実性の時代こそ、ジャーナリストの出番であるはずだと思うからです。
 社会から寄せられる大きな期待に、今後とも挑戦していただくことを心より祈念いたします。

2017年2月23日

ボーン・上田記念国際記者賞選考会議

ボーン・上田記念国際記者賞とは

ボーン・上田記念国際記者賞は、国際報道を通じて国際理解の促進に顕著な貢献のあった記者個人を表彰する年次賞。

世界ニュース通信網の確立に貢献したマイルズ・W・ボーン元UP通信社副社長と上田碩三・元電通社長が1949年1月、東京湾浦安沖で突風により遭難したのを惜しみ、両氏の功績を知る友人らが発起人となり、米国のピュリツァー賞にならって日米マスコミ界有志が基金を出し合い、1950年に創設された。当初は「ボーン国際記者賞」の名称だったが、1978年、現在の「ボーン・上田記念国際記者賞」に改称した。

運営は当初、日本新聞協会が当たっていたが、1960年、「ボーン・上田記念国際記者賞委員会」として独立、UPI通信社、電通が活動の維持費を負担した。

1985年には在京8社(朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、産業経済新聞社、東京新聞社、共同通信社、時事通信社)と電通が資金を寄付、活性化を図った。

2013年からは新聞通信調査会が管理・運営業務を担うようになった。受賞者の選考は引き続き、「ボーン・上田記念国際記者賞委員会」が行っている。

ボーン・上田記念国際記者賞委員会委員
(2017年7月現在)

常任幹事小島 明
常任幹事藤澤秀敏
委員下村満子
委員金重 紘
委員林 貞行
委員望月晴文
事務局新聞通信調査会・米山司理

ボーン・上田記念賞国際記者賞受賞者一覧

[ボーン国際記者賞]

1950年高田市太郎(毎日新聞社)
寺西五郎(共同通信社)
1951年大竹貞雄(共同通信社)
1952年小山武夫(中部日本新聞社)
1955年坂井米夫(東京新聞社)
岩立一郎(共同通信社)
1956年橘善守(毎日新聞社)
1957年鈴木充(中部日本新聞社)
村田聖明(ジャパンタイムズ)
1958年嬉野満洲雄(読売新聞社)
篁暢児・川島吉(産業経済新聞社)
1959年山内大介(毎日新聞社)
1960年大森実(毎日新聞社)
一力一夫(河北新報社)
1962年仲晃(共同通信社)
1963年林三郎(毎日新聞社)
小島章伸(日本経済新聞社)
1964年中村貢(朝日新聞社)
1965年三好修(毎日新聞社)
1966年野上正(朝日新聞社)
高田富佐雄(毎日新聞社)
関憲三郎(読売新聞社)
菅栄一(サンケイ新聞社)
鮫島敬治(日本経済新聞社)
伊藤喜久蔵(中日新聞東京本社)
豊原兼一(日本放送協会)
太田浩(東京放送)
斉藤忠夫(共同通信社)
1968年本多勝一(朝日新聞社)
1969年村野賢哉(日本放送協会)
1971年武山泰雄(日本経済新聞社)
1974年大塚喬重・佐藤信行(共同通信社)
1975年古森義久(毎日新聞社)
野田衛(サンケイ新聞社)
1976年松山幸雄(朝日新聞社)

[ボーン・上田国際記者賞]

1978年磯村尚徳(日本放送協会)
1979年近藤紘一(サンケイ新聞社)
1980年斎藤志郎(日本経済新聞社)
1981年下村満子(朝日新聞社)
1982年湊和夫・新井康三郎(読売新聞社)
1983年尾崎龍太郎(サンケイ新聞社)
1984年柳田邦男(日本放送協会)
1985年船橋洋一(朝日新聞社)
1986年小川優(ジャパンタイムズ)
1987年木村太郎(日本放送協会)
1988年小島明(日本経済新聞社)
1989年斎藤勉(産業経済新聞社)
1990年平山健太郎(日本放送協会)
1991年熊田亨(中日新聞社)
1992年黒田勝弘(産業経済新聞社)
1993年松本仁一(朝日新聞社)
1994年山口昌子(産業経済新聞社)
春名幹男(共同通信社)
1995年田城明(中国新聞社)
1996年信太謙三(時事通信社)
1997年千野境子(産業経済新聞社)
伊熊幹雄(読売新聞社)
1998年伊奈久喜(日本経済新聞社)
1999年加藤千洋(朝日新聞社)
2000年受賞者なし
2001年宇佐波雄策(朝日新聞社)
及川仁(共同通信社)
2002年川上泰徳(朝日新聞社)
平井久志(共同通信社)
鈴置高史(日本経済新聞社)
2003年受賞者なし  特別賞 綿井健陽(アジアプレス・インターナショナル)、
佐藤和孝・山本美香(ジャパンプレス)
2004年金平茂紀(東京放送)
2005年國枝すみれ(毎日新聞社)
砂田浩孝(共同通信社)
2006年坂尻信義(朝日新聞社)
太田昌克(共同通信社)
2007年別府正一郎(日本放送協会)
2008年滝田洋一(日本経済新聞社)
高尾具成(毎日新聞社)
2009年受賞者なし
2010年大治朋子(毎日新聞社)
峯村健司(朝日新聞社)
2011年会川晴之(毎日新聞社)
奥寺淳(朝日新聞社)
2012年太勇次郎(日本放送協会)
2013年城山英巳(時事通信社)
2014年中澤克二(日本経済新聞社)
杉山正(朝日新聞社)
2015年塩澤英一(共同通信社)
2016年受賞者なし